ポンポコ部屋
なんちゃってテナーマン&空手家のポンポコです。甘い物とたこ焼きが大好きです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
プロフィール
《高校時代》1983年~1986年
1983.04九州産業大学附属九州高等学校へ入学。親元を離れ、福岡県東区香椎にあった浜男寮にウキウキした気分で入寮。ところが九州高校は、当時九州大会で毎年総合優勝していた強豪校であり、待っていたのは厳しい練習と縦社会であった。
入学間もない頃は、しょせん15歳の少年であり、家が恋しくもなったが2ヶ月もするとなじんでしまい、水泳の記録も伸び、念願の全国大会であったインターハイに出場し、福岡県代表として国体にも出場する。ちなみに国体では9位だった。そしてシーズンオフへ突入。毎日練習はあったが、若さゆえ、ここには書けない悪いこともいろいろやってしまい、しばらく学校に来なくていいよ。と言われてしまう。この件で私の将来を心配した両親は、当時高校3年生だった姉を説き伏せ、福岡の大学へ進学させた。そして4月からは寮を出、姉との2人暮らしが始まった。
その後心を入れ替え、真面目に水泳の練習に打ち込み、インターハイはもとより、日本選手権・世界選手権選考会等、国内で最高峰の大会にも出場。ところが、そこで世の中には凄い才能を持った選手がいて、その中には努力をする才能も持ち合わせている人間がいるという現実に直面し、幼い頃からもっていたオリンピックへの夢をあきらめる。
大学進学にあたっては、いくつかの大学から推薦入学の話もきたが、高校を卒業したら水泳から足をあらうと決心していたため、受験勉強を始め、西南学院大学文学部英文学科に合格し、入学することとなった。
waribasi.jpg




<<戻る>>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ponpokobeya.blog9.fc2.com/tb.php/53-428232e2
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。